プリリジーとはなんと世界初の経口摂取型の早漏治療薬になります。日本ではまだ未認可ですが、欧州を中心にアジアでも広く認可されていてその有効性、安全性は立証されいるので試す価値ありです。

プリリジーを紹介する男性

プリリジーとアネトカインゼリー2%とゴクアツで防止

プリリジーは今では早漏防止薬の代名詞とも呼べるほど有名になっています。世界の多くの国で早漏治療薬として認可されていますが、日本の厚生労働省では認可していません。そのため保険は適用されませんが、医療機関で処方を受けることは可能です。かなり高価な薬なので、少しでも費用を抑えたいときは、個人輸入の通販サイトなどから購入する方法もあります。
プリリジーは脳内物質セロトニンの濃度を高め、ノルアドレナリンの濃度を抑える働きがあります。セロトニンは気分をリラックスさせ、ノルアドレナリンは射精を促す効果のある物質です。こうした脳内物質のバランスを調節することで、射精までの時間を延ばすとされています。臨床実験のデータでも、半数以上の被験者に効果が現れており、現時点では確実性の高い方法と言えるでしょう。
早漏は感度が高すぎることが原因のひとつです。そのため生殖器の感覚を鈍らせれば、射精を抑制できると考えられます。市販のかゆみ止め軟膏を性器に塗る方法も、しばしば行なわれています。リドカインは局所麻酔薬として、かゆみ止めに用いられる代表的な成分です。同じリドカイン系の麻酔薬には、尿管カテーテルの挿入時や皮膚レーザー照射時の痛み止めに使われるアネトカインゼリー2%があります。局所麻酔薬は早漏を防止できる反面、性感が弱くなりすぎて勃起が萎えてしまうこともあるため、実際にはあまり有効とは言えません。
感覚を鈍らせるには、コンドームを複数重ねて装着する方法もあります。ゴクアツという商品は通常のコンドームの3倍ほどの厚さで、部厚くても柔らかさは確保されているため、違和感が少ないわりに1枚でも早漏防止効果が期待できます。